相続相続対策のことなら、兵庫県神戸市垂水区のSORA総合支援事務所にお任せください。

〒655-0034 兵庫県神戸市垂水区仲田3丁目4番
                   16号

お電話でのお問合せはこちら
0120-781-568
受付時間
午前9時~午後6時
定休日
土、日、祝日 年末年始・弊社特定日

SORAの遺言信託
=遺言書作成支援プラン=

今のところ遺言書は、相続争いを防ぐ一番の有効手段です。相続では財産の多い少ないにかかわらず、それぞれの相続人の思惑が交錯するので、遺産の配分に納得がいかなかったり、仮に解決しても火種が残ったりして後々大なりしょうなり揉めてしまうことがありがちです。相続権の権利ばかりが主張されるドライな遺産分割協議では、相続税の節税などする余地もなく、へたをすると資産の多くは税金として消えてしまいます。ではそこに争いの火種が潜んでいるのかは家族ごとに違い、わかりません。このような現代で相続争いを防ぐ一番の有効手段を考えるとやはり「遺言書」です。かりに遺言書を作っておくことでトラブルや争いのない相続の実現が見えてきます。財産を残す立場の親として自分の子供が揉めないように資産を引き渡すことは人生最後の大きな仕事かもわかりません。せっかくご自分で築き上げた資産です。価値が高いまま渡すことも考えてみて下さい。そのために遺言書を大いに有効活用して頂きたいです。遺言書の作成は自筆証書遺言作成支援もございますが、より安全な公正証書遺言書作成支援プランをおすすめします。

遺言信託3つの特徴

当社の遺言信託総合プラン3つの特徴についてご紹介いたします。

作成

お客様のお考えを公正証書遺言にするまで、遺言書の原案作成、公証人との打ち合わせ、作成当時までのスケジュールの管理を全て弊社が責任をもって行います。

保管・確認

遺言書は弊社でお預かりし保管もさせていただきます。また、お客様のお考えが変わられた際には、公正証書遺言を何度でも書き換えすることができます。

遺言執行

お客様に相続が起こりますと弊社が遺言執行者となり、相続人様に公正証書遺言の開示を行います。その後、遺言書の内容に従い相続手続きを進めて参ります。


遺言書の文言は実に事務的な表現になります。例えば「全財産を妻に相続させる」といったものになり、なぜそのような考えに至ったのか故人の遺志までは読むことができません。そこで「付言」を利用します。付言とは遺言書の最後につけるメッセージのことです。財産分割の理由や残された家族へ心を込めた言葉を残すことができます。付言の例を挙げていましょう。

「私は亡き祖父より引き継いだ財産を妻に引き継がせるためにこの遺言書を作りました。皆のこれからのことを熟慮した結果ですので私の考えをよく理解し決して私の相続で争いをおこすようなことはしないで下さい。最後にこれまでお世話になった方々に感謝し、お礼申し上げます。今まで本当にありがとうございました。」

この付言は私どもが遺言書作成のお手伝いをさでせて頂いた方の実際の付言です。一部抜粋してますが、ご本人様には大変喜ばれました。

遺言書信託のご契約の流れ

お問合せからご契約までの流れをご説明します。

お問合せ

まずは弊社の受付窓口までご連絡ください。

無料相談

直接、面談又はお電話でお話を伺います。

お見積り

お申込みいただいた場合の金額をお見積りいたします。

ご契約

内容にご納得いただけたら、ご契約となります。

遺言書は作ろうと決めてもはなかなか前に進まないものです。書き方がわからなかったり、財産を把握していなかったり、など考えることが多すぎます。そこで私どもは遺言書の原案をお作りし、ご本人のご意志を確認しながら修正をし、ご本人のご了解があれば、原案を正式な遺言書に作成します。公正証書遺言書作成支援の場合は作成途中に公証人との打ち合わせも私どもが行います。お客様はお手間を取ることなく遺言書の作成を完了することができます。「そろそろかな」とお考えのお客様はお話だけでもお聞かせ下さい。お待ちしております。